環境保護に配慮した新亜光学工業株式会社の思惑

>

太陽光発電システムの利点と欠点について考える

太陽光発電システムの利点

太陽光発電システムの最大の利点は、電気代の節約になるということです。
太陽光パネルを自宅に設置している家庭は、昼間の電気が高くて夜が安いという電気料金プランを使うのが一般的です。電気代が高い昼間のうちは太陽光発電の電気を使うので、かなりの節約になります。しかも一日のうちで使わなかった電気は売ることもできるのでかなりお得になります。
さらに停電時には、太陽光発電の自立運転モードを使えば自家発電も出来るという優れものなのです。震災後の電力不足をきっかけに購入したという方も少なくないと思います。しかもこの太陽光パネルは故障も少ないと言われています。最初に設置してくれる施工会社選びさえ間違えなければ、ほぼ問題ないかと思います。

太陽光発電システムの欠点

太陽光発電システムの欠点は、設置費用が高いということです。
自家発電できれば毎日の電気代は節約できるし余った電気を売って副収入にもできるとは知らされてはいますが、やはり最初に払う金額が大きいと躊躇しがちです。長い目で見て、低金利であるソーラーローンを利用して購入するという手段もあるので、事前に調べてみると良いかもしれません。
他にも、一般宅向けに太陽光発電システムが取り入れられるようになった当初は、国や自治体から補助金が出てましたがそれも5年前くらいに打ち切られてしまったことも大きいかと思います。
さらに、売電価格が年々下がってきていることも挙げられます。10年前と比べると半額近くまで下がっているというこの現状に、二の足を踏むという人も多いのではないでしょうか。


SHARE!